姓名判断


※現在、野尻泰煌による姓名判断・命名書は受付しておりません


 

泰煌式生命法について】

 

姓名判断は今やインターネットでも占えるほど身近なものになっています。しかし、その大半は画数のみで吉凶を判断する簡易的なもので「さんずい」ひとつを例に挙げても三画で数えるのか、四画で数えるのか、明確な根拠の提示もないまま意見が分かれているのが現状です。正確な姓名判断を観るためには、漢字の成り立ちや、その歴史的背景を理解していることが大切です。




泰煌式生命法
は、昭和14年、姓名判断の大家・小林晟高 先生によって書かれた『正名法秘録』をもとに、書家・野尻泰煌が文字の神髄を組み込み確立した鑑定法です。陰陽・五行を初め、さまざまな要素からその人ならではの色合いを見出すだけでなく、孔子や老子などの漢籍から得た自然哲学・東洋思想を手立てに、その人本来のベストな運びを導き、人生の指針を提案します。「生命法」と表記する理由はここにあります。



 

 

※命名書は、直筆のため郵送となります。

アルファベットは鑑定対象外となります。ご了承ください。

 

 

命名書(高天麗舟書)  : 12,000

 

 

命名書の書体は「楷書」が基本ですが、ご希望があれば「隷書」「行書」もお請け致します。

 

<命名書の書体/楷書・隷書・行書>

<泰煌式生命法(普通鑑定) 鑑定書 見本>