四柱推命

直接鑑定ネット鑑定 受付しております。



算命学・0学占星術・動物占い…自分で星を割り出せる親しみやすい占いは数々ありますが、そのルーツのほとんどは四柱推命にあります。

 

四柱推命とは、古代中国で生まれた占術で、今日の四柱推命の体系が整ったのは今から1000年ほど前、宋の時代を生きた「徐子平(じょしへい)」という学者によって確立されたといわれています。日本で初めて四柱推命が紹介されたのは江戸時代のことで、儒学者「桜田虎門(さくらだこもん)」が訳本として「推命書」を著したことが、その始めだと伝えられています。

また、四柱推命の「四柱」とは、私たちが生まれた「年・月・日・時」の情報を四つの柱に見立て推しはかることから、そう名づけられました。


鑑定の方法としては、「年・月・日・時」それぞれに「十干」「十二支」という陰陽五行説を用いた二つの漢字を割り出し、そこで出された計八つの漢字(八字・パーツー)から、生まれ持った傾向などを読み解いていきます。その組み合わせは100万通りにも及び、極めて高い的中率を誇ると共に、極めて個人の特徴を表した情報となっています。

 

ここで『では、同じ「年・月・日・時」に生まれた人同士は同じ運命をたどるのか?』と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。これについては、もちろんそんなことはないと申し上げておきます。傾向としては似てくると思いますが、その人の人生を決めるのは、生まれた日や時間以外にも多くの要素がかかわっており、その人の考え方や行動によって、やはり人生は選択できるのです。

 

このように偶然を通り越して成り立った八字には、とても重要な情報が含まれています。この八字が明らかにするものは、生まれ持った本質をはじめ、恋愛の傾向や相性、結婚の時期、自分にあった分野や職業、健康面など。また人生に訪れる幸運の波と、その波に乗る方法なども明らかにします。

 

四柱推命は、自分自身を深く掘り下げるのに最適な占術です。私は、四柱推命のおかげで自分のトラウマに気づくことができ、自分の強みを知ることもできました。またそれだけでなく、今後訪れるさまざまな波の傾向を先に知っておくことで、その時どう動けばよいのか準備を整えておくこともできるのです。

具体的な開運法をみつけられるところ、それが四柱推命の最大の魅力です。


鑑定書について

※カーソルを鑑定書に合わせクリックすると拡大できます。

鑑定書は以下の内容でございます。


◆鑑定書1枚目

≪四柱推命について≫

・四柱推命の簡単な説明と、この鑑定書を読み解くための説明


◆鑑定書2枚目

≪四柱干支≫ 

・生まれた瞬間に与えられたあなたの八字

・あなたのエネルギーの巡りに関わる五行

≪日主からみた基本的な性格≫

・「日主」と呼ばれる星から見たあなたの基本的な性格と、その基本的な性格を活かしていくためのアドバイス


◆鑑定書3枚目

≪生まれ持った 通変星・五行バランス≫

・「通変星」と呼ばれる星と五行のバランスが一目でわかる表

≪通変星・五行バランス からみた性格≫

・「通変星」と呼ばれる星と五行バランスからみた性格と、それらを活かしていくためのアドバイス


◆鑑定書4枚目

≪大運≫「大運方合図」

・あなたの大運(10年毎に変化する運勢)の周期と巡る干支

・人の一生を120年としてみた大運を図にしたもの

≪大運・大運方合図について≫

・図を読むための簡単な説明

≪大運からみた運勢≫

 ・現在から今後10~20年間の運気の傾向と開運アドバイス

 


◆鑑定書5枚目

≪今年・来年の運勢≫

・その年の通変星五行バランス表、その年の運気の傾向と開運アドバイス

※申込時点でその年が半年を切っている場合は、翌年/翌々年の運勢となります。

≪五行バランスからみた健康・体質≫

・あなたの五行バランスからみた気をつけておくべき体の部位・器官など


☆終わりに☆

 ・ごあいさつ


鑑定をお申込みされる前に


①四柱推命では、過去の出来事を検証することで、より緻密な鑑定を導けます。

 お申込完了後に送られる確認のメールより「鑑定フォーム」画面が出ますので、

 差し障りなければ『過去にあった印象的な出来事と時期』欄に

 「平成〇年△月、結婚」 

 「昭和〇年、人生で一番つらい年だった」

 など、吉凶問わず、印象的なことを1~3件記入お願いします。

 ※特に印象深い出来事がない場合には記載不要です。

 

②恋愛や起業など、特に知りたい内容がある場合には

 「鑑定フォーム」の「ご鑑定内容」欄にその旨お書きください。

 その内容に沿った鑑定をいたします。

 

③生まれた時間が不明な場合は、八字ほど細かい鑑定はできませんが、

 生年月日(六字)でも承ります。

 「鑑定フォーム」の「出生時間」欄に「不明」とご記入ください。  

 

④ネット鑑定の場合、お送りするデータはPDFになります。

 

 直接鑑定の場合は、A4サイズの鑑定書をもとにご説明いたします。